きょうさい対策ブログ

教員採用試験(教採)の対策をまとめます。教職教養解説もあり。

【解説019】小中高では教科書の使用義務あり。例外もあり。

今回は教科書の使用義務について。

小中高では教科書の使用義務あり。例外もあり。

 学校教育法第34条などを要約すると、小学校から高校までの学校では「文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書」(これがいわゆる教科書)を使用しなければならない、とされている。教科書には使用義務があるのである。

 

例外として、

・高等学校で特殊な科目すぎて教科書がない場合

・特別支援学校や特別支援学級で、指導を行う上で生徒に合った適切な教科書がない場合

の場合は一般の図書を教科書として使うことが可能である。しかしこれはあくまで例外であり、基本的には教科書には使用義務があることをはっきり覚えておこう。

 

 

では演習。

 

(演習) 次の文の正誤判定をせよ。

(1) 小学校及び中学校では、各教科について文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならないが、高等学校についてはこのような使用義務はない。(2007年実施)

→(誤)高校も使用義務あり。

 

(2)高等学校においては、「文部科学大臣の検定を経た教科用図書」又は、「文部科学省が著作の名義を有する教科用図書」以外の図書を、教科書として使用することができない。(2016年)

→(誤)これはひっかけ問題である。基本的には上記以外の図書を教科書として使用できないが、例外として高校のチョーマニアックな科目で教科書がない場合は代わりの本を教科書にすることができる。

なお、前回の記事に引き続いての批判となってしまうが、協同出版の過去問の解説に間違いが含まれている。「高等学校は義務教育ではなく、教科書が無償ではないので、義務教育のような規定はかからない」と解説されているが、文部科学省サイトによれば次のように使用義務は高等学校で準用とされている。

全ての児童生徒は、教科書を用いて学習する必要があります。教科書には、前述のとおり文部科学省の検定を経た教科書(文部科学省検定済教科書)と、文部科学省が著作の名義を有する教科書(文部科学省著作教科書)があり、学校教育法第34条には、小学校においては、これらの教科書を使用しなければならないと定められています。この規定は、中学校、義務教育学校、高等学校中等教育学校、特別支援学校にも準用されています。

1.教科書とは:文部科学省

 

 

ところで、教科書が存在しないぐらいマニアックな科目について、知っている方がいたら是非教えてください。

 

今回は以上。おつかれさまでした。