きょうさい対策ブログ

教員採用試験(教採)の対策をまとめます。教職教養解説もあり。

個人面接質問例

最終更新18/07/06

回答例は<知識系>以外の質問にてついては敢えて載せませんので自分だったらどう答えるか考えてみてください。なお、この記事は随時アップデートする予定です。

 

<自分自身に関すること>

・簡単に(30秒・1分で)自己紹介をしてください。

・自分の性格の長所と短所

・あたたが小中高のときの先生方の中で、いま特に印象に残っている先生は。

・悩んで壁にぶつかったとき、どのようにしてきましたか。

・あなたが正しいと信じていることを他人が間違いだといったとき、どうしますか。

 

<教員として>

・なぜ先生になりたいのですか。

・なぜこの自治体で教職に就こうと思ったのですか。

・この自治体の教育の特徴はなんですか。

・この自治体では学校はどれぐらいありますか。

・教育実習でどんなことを褒められ、どこを注意されましたか。

・教育実習で現場の先生を見てよかったと思った点、これは…と思った点があれば

・教育実習をやる前後で考えが変わりましたか。

・児童生徒に信頼される教師とはどのような教師か。

・学級担任として、あなたはどのようにクラスをまとめていきたいですか。

・最近、教員の不祥事が問題になっていますがどのように思いますか。

・学習の遅れが顕著な生徒を、どのように指導しますか。

・児童生徒を叱るとき、どのようなことに気をつけたいですか。

・生徒の自主性を伸ばすには、どうしたらいいですか。

・授業がつまらないと児童生徒に言われたらどうしますか。

 

<場面指導>

・授業中に、後ろの方で数名の生徒が騒いでいる場合、どうしますか。

・授業中に、生徒が退出したらどうしますか。

 

 <知識系>…覚えてないとどうしようもないこと

・「生きる力」とはなんですか

 →知徳体に対応する3つ。「確かな学力」「健やかな体」「豊かな心」

 話すときには「知育徳育体育に対応する3つの力です…」といって1つずつ思い出していけばよいでしょう。

 

・「確かな学力」とはなんですか

 →次の、学力の3要素から構成されるもの。

 ①「基礎的な知識・技術」

 ②「思考力・判断力・表現力」

 ③「主体的に学習に取り組む態度」(学校教育法30条に記載)

 口語的にいうのであれば「知識だけでなくて課題を解決する力とか主体的に学ぼうとする態度のこと」などといえばよいでしょう。

 

・新学習指導要領での「3つの柱」とはなんですか。

 →上の学力の三要素を焼き直したもの、と覚えておけばよい。

 ①「知識及び技術の習得」

 ②「思考力・判断力・表現力の育成」

 ③「学びに向かう力・人間性等の涵養」

 

 ・体罰の禁止が明記されているのはなんの法律か

 →さすがに今どきこんな下らない質問はしないと思いますがたとえ知っていても「学校教育法第11条です(ドヤッ)」と答えるよりも、「すみません、何条までかは覚えていませんが、学校教育法に書いてあります」ぐらいにしておいたほうが印象がよいと思います。

 

・教員とその他の地方公務員での違いはなにか。

 →仮採用期間が違うこと(教員は1年、その他公務員は半年)、教員は研修をすることが定められていること。

 

・服務について知っていることは。

 →職務上のものが3つ、身分上のものが5つ。パッとでない方は以下をチェック。

【解説040】教員の服務、職務上の義務が3つと身分上の義務が5つ - きょうさい対策ブログ

 

・国際的な学力調査について知っていることは

 →PISAとTIMSSぐらいで十分だと思われる。2015年はPISAもTIMSSも行われていてそれぞれの結果も知っておくとよいかも。

 PISA…15歳対象、読解力、数学的リテラシー、科学的リテラシーを測定。3年ごと。OECDが行う。2015年は読解力の平均点が有意に低下、科学的・数学的リテラシーは高いまま、自分の将来に理解の学習が役立つと感じている生徒の割合は2006年時よりも上昇。

 TIMSS…小四と中二対象、数学と理科について。4年ごと。IEAが行う。2015年はすべての項目(小四算数・理科、中二数学・理科)で平均点が有意に向上。

 

・教育長の名前は。知っていることはあるか。

 →ネット上でわかる範囲で、こんな経歴の人、こういうプランを持っている〜ぐらい答えられるとよいでしょう。何も知りませんというよりも、一応調べてきているのね、となったほうが当然ながら好感がもてます。

 

・本自治体の求める教師像について

 →大抵どこも専門性が高いとか情熱があるとか似たようなものだが、一応チェックを。

 

・本自治体の教育で特徴的なことはなにか。

 →教育施策で押していることを整理を。面接官はそうした施策の当事者でもあるので、表面的な答えしかできないと見破られやすい。公式ホームページ上の資料等を読み込んでおくとよいでしょう。