きょうさい対策ブログ

教員採用試験の対策にご活用ください。

埼玉県教採2018教職1次解答と振り返り

今年、埼玉県の教職教養は出題形式が大きく見直され、一般教養23問、教職教養10問という従来の形式から一般教養29題、教職教養14題という構成になりました。これまでの形式は次の記事内にある通りでした。

埼玉県の一般教養・教職教養の問題の構成 - きょうさい対策ブログ

 

内容の変更点としては、埼玉のローカル問題が消えたこと、教職教養に関しては色んな内容を1題にごちゃ混ぜにしたオムニバス形式がなったことなどがあげられます。

 

本音を言ってしまうと、教職教養の問題数が増えたことは埼玉の教採が神奈川のものと近くなったということで、当ブログにとってはありがたいことです。今回は教職教養の14問について、神奈川の対策として用意した記事群

神奈川県の教職教養対策 全68記事 一覧 - きょうさい対策ブログ

でどこまで解くことができたのかを検証してみたいと思います。実はいま、神奈川・埼玉対策は統合した方がいいのかも?と思っていて、その相性を確認してみたいという意図もあります。なお、万が一解答に誤りがある場合にはお知らせください。

解答(教職教養のみ)

30①

31② 32④ 33① 34③ 35① 36② 37② 38① 39③ 40③ 

41③ 42② 43①

 

コメント

30 ①

西洋教育史で著者と著書の組合せを選ぶ問題。

【神奈川解説02】1800年以前の4人。コメニウス、ルソー、ロック、コンドルセ - きょうさい対策ブログ

【神奈川解説03】1800年またぎの4人。ペスタロッチ、ヘルバルト、カント、フレーベル - きょうさい対策ブログ

【神奈川解説04】1900年以降の4人。エレン・ケイ、デューイ、ブルーナー、デュルケム - きょうさい対策ブログ

大教授学-コメニウス、隠者の夕暮れ-ペスタロッチ、エミール-ルソーの超定番の組合せの知識で解けます。マカレンコはソ連の教育者ですから、規律とか集団といったワードが登場しますがそれを知っている必要はありません。

 

31 ②

日本教育史。神奈川対策では日本教育史があまり出題されないこともあり、神奈川対策の知識では正答できません。

 

32 ④

マズローの欲求階層説。神奈川県でも頻出の基本的内容です。

【神奈川解説11】マズローの欲求5階層説 - きょうさい対策ブログ

 

33 ①

これも基本事項。

【神奈川解説17】学習理論、連合説。レスポンデント条件づけ→試行錯誤説→オペラント条件づけ - きょうさい対策ブログ

スキナーはオペラント条件づけの方であり、古典的条件付け(レスポンデント条件付け)の人ではありません。なお、選択肢内の試行錯誤説のソーンダイクは上記事に、成熟優位説のゲゼルは次の記事内に説明があります。

【神奈川解説14】環境か遺伝か?4人の重要人物 - きょうさい対策ブログ

 

34 ①

教育基本法第13条。これは神奈川対策でカバーしていませんでした。ただ、②の前後で「それぞれの正義と責任を自覚する」は日本語としておかしいので、「それぞれの役割と責任を自覚する」が入ることがわかります。よって知識がなくても2択にまでは削ることができるでしょう。

 

35 ①

懲戒について定めた重要条文。これも頻出事項。

【神奈川解説54】懲戒。義務教育段階での停学はダメ。 - きょうさい対策ブログ

 

36 ②

研修に関する最重要条文。これもそのまま覚えておきたい頻出事項。

【神奈川解説58】教育公務員の「研究と修養」=研修について。初任者研修、中堅教諭等資質向上研修は法定研修 - きょうさい対策ブログ

 

37 ②

こちらの記事の演習にちょこっと乗っている程度ですが、みたことがあれば「全体の奉仕者」とか「公共の福祉」という言葉が思い出せるはずです。ブログの貢献度は△ということにしましょう。

【神奈川解説56】8つの服務はすぐ思い出せるように。分限処分・懲戒処分はそれぞれ4種類 - きょうさい対策ブログ

 

38 ①

時事問題っぽい作りですが、次記事の知識があれば①が誤りであるとわかります。教育総合会議は2015年に刷新した教育委員会制度のもとでつくられたものです。ついでに記事から教育長は首長が任命するので④が正しいのもわかります。

【神奈川解説60】教育委員会の役職任期、教育長は3年、委員は4年。 - きょうさい対策ブログ

 

39 ③

中教審の新学習指導要領についての答申。Bは「自らの人生を切り拓いていくために求められる(  )とは何かを」で(学力)よりは(資質・能力)の方がよい気がしませんか?まぁ一応これはブログ知識では解けないと分類しておきましょう。

 

40 ③

特別支援教育についての最重要文です。自立とか教育的ニーズいう言葉が出てくるのが特徴的です。

【神奈川解説65】特別支援教育の推進について - きょうさい対策ブログ

 

41 ③

いじめ関係の時事問題です。これは知識がないと確実に正答はできないでしょう。いじめが解消と判断するには少なくとも3ヶ月、というのは知っておきたい知識ですね。

 

42 ②

教育相談について。生徒指導提要からの出題。

【神奈川解説63】生徒指導提要から。生徒指導と教育相談の意義 - きょうさい対策ブログ

上記事知識から①が適切な文であることは分かりますがそれ以外はちょっと判断が難しいかもしれません。

 

43 ①

指導要録に関する問題。校長が作成、進学時・転学時は原本は学校に残して抄本か写しを送る、学籍に関する記録は20年保管など、どれも頻出事項です。

【神奈川解説51】学校の3表簿。出席簿、指導要録、健康診断票は作成者、保存期間、進学・転学時の対応の整理を。 - きょうさい対策ブログ

 

ブログの知識振り返り

ブログ内の知識で完全に解答できるものを◯、2択まで絞れそうなものは△、そうでないものに×をつけました。

 

「教育法規」……………… 5問

34△ 35◯ 36◯ 37△  43◯

「教育史&教育心理」…… 4問

30◯ 31× 32◯ 33◯  

「教育原理&教育時事」… 5問

38◯ 39× 40◯ 41× 42× 

 

14問のうち8問は確実に正答できます(57%)。△を0.5とカウントすれば64%程度を神奈川対策のブログの知識で正答できたことになります。日本教育史は神奈川県のものと若干傾向が異なるように見えますが、その他は大きな違いは感じられません。神奈川対策でほぼ埼玉対策はできそうだという気がしてきたので、来年度2019年は統合版として作っても良いかもしれませんね。

 

今回はここまでです。