きょうさい対策ブログ

教員採用試験(教採)の対策をまとめます。教職教養解説もあり。

【神奈川解説48】就学義務は9年間、高校に入学できるのは中学校を卒業等or同等以上の学力がある者

今回はまぁまぁ当たり前でしょという内容ではありますが、一応法律に照らして確認をしておきます。

 

学校教育法第16条
保護者は、子に9年の普通教育を受けさせる義務を負う。

憲法で定める教育を受けさせる義務(26条)について、年数を明示したものです。これを校種別にもう少し具体化したのが次の条文です。

 

学校教育法第17条
保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。
2 保護者は、子が小学校の課程、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部の課程を修了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満15歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、義務教育学校の後期課程、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中等部に就学させる義務を負う。

「翌日以降における最初の学年の初め…」という回りくどい表現は年齢の増え方が「誕生日の前日の24時」と別の法律で決められていることによります。神奈川教採ではその部分が問われることはなさそうなのであまり気にしなくてもよいでしょう。

 

小中の就学関係が終わったので、次は高校の場合をみてみましょう。高校は義務教育ではないため、「〜就学させる義務を負う」という表現ではなく「入学することのできる者は〜」という表現になっています。

学校教育法第57条
高等学校に入学することのできる者は、中学校若しくはこれに準ずる学校若しくは義務教育学校を卒業した者若しくは中等教育学校の前期課程を修了した者又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められた者とする。

中学校卒業か、もしくは同等以上の学力がある者、とされています。小学校中学校の就学義務の条文(16条、17条)では学力という言葉が登場しませんでしたが、ここではじめて登場することに気をつけましょう。

 

(演習)

では演習。1題だけです。

 

(演習1)

次の各文は、学校教育法の条文の抜粋である。文中の[ ア ]〜[ ウ ]に当てはまる語句を選択肢から選べ。(2011年実施48)
(1) 保護者は、子が小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十五歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中等部に[ ア ]させる義務を負う。
(2) 保護者は、子に[ イ ]普通教育を受けさせる義務を負う。
(3) 高等学校に入学することのできる者は、中学校若しくはこれに準ずる学校を卒業した者若しくは中等教育学校の前期課程を修了した者又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の[ ウ ]があると認められた者とする。
【アの選択肢】通学、入学、就学

【イの選択肢】学力に応じた、九年の、個性を伸ばす
【ウの選択肢】能力、意欲、学力

 

(解)[ア]就学 [イ]九年の [ウ]学力

 

 

今回はここまでです。